アニゲーの森

アラフォーによる青春のゲームやアニメを思いつきで振り返るブログです

Kanon

f:id:torute3:20181030141326j:plain

こんにちは、とるてです。

今日ご紹介するのは…Kanonです☆

このゲームのジャンルは恋愛アドベンチャーゲームですが、要は可愛い女の子が登場してくるゲームですね^^

 

初出はパソコン、Windows95/98向けに発売されました。

パソコン版というのは大体が18禁ゲームなわけですが、このKanonはその枠組みを超えて様々な媒体で登場することになります。

 

ザッと紹介しますと、ゲームはWindowsは7まで、ドリームキャスト、PS2、PSP、そしてアプリ(Android、iOS)にまで及んでいます。

その他にも、アニメ、ラジオ、小説、漫画、カードゲーム等に広く展開しており、この手のゲームとしては大成功を収めたと言えるでしょう。

 

さてゲームの中身についてです。

主人公の男性の名前は変更可能ですので、デフォルトの「相沢祐一」のままストーリーを楽しんでもよし、自分の名前に変えてなりきるのもよいでしょう。

 

主人公が7年ぶりに帰ってきた街で、幼馴染や高校の女生徒と出会いながら、日々の生活を送っていきます。

基本的にはストーリーを眺めながら、たまに出てくる選択肢を選ぶだけです。

ですので操作性が要求されるわけではなく、小説を読んでいるようなイメージですね。

 

選択肢によってストーリーが分岐していくわけですが、それによって大きく話の展開が変わってくるため、ときメモのように「あの子を狙って落とすぞ!」というようなものではありません。

 

季節は冬。

何気ない日常を送っている主人公達。

しかし日々を過ごしていくうちに、幼い頃の大切な記憶を取り戻していきます。

そして重大なことに気付いていく。思い出していく。

 

このゲームは元祖泣きゲーと呼ばれていて、その後のゲームに多大なる影響を与えました。確かにストーリーはその世界観からは想像もつかないくらい奥深く、感動する要素が詰まっています。

そういった意味でも、一つの作品を楽しむという観点からもオススメできますね。

 

制作会社はKeyになりますが、この作品を皮切りに、次々と素晴らしい作品を世に送り出していますので、今後も紹介していければと思っています^^

 

さて私はというと、大学生の時に友人に勧められてこのKanonをプレイしました。

個人的に絵は大好き!という感じではなかったのですが、あっという間にその世界観に惹き込まれていきました。

 

そして派生のグッズやらゲームも買っちゃいましたよ、はい*^-^*

一部を紹介して終わりとしましょう。

 

水瀬名雪 目覚まし時計

f:id:torute3:20181030135323j:plain

(画像元:名雪の目覚まし時計 ( ゲーム ) - U−FIF(本館) - Yahoo!ブログ様)

 

作中に登場する目覚ましを再現した限定?アイテム。

当時実際に使ってました(笑)

「あさぁ~朝だよぉ~!朝ごはん食べてぇ~学校いくよぉ~」と起こしてくれます。

現在は手放しています。。。

 

あゆちゃんパンチ

f:id:torute3:20181030140401j:plain

(画像元:http://www.g-7.ne.jp/~ulin/loli/ayu/index.html様)

 

渡部製作所さん作成の同人ゲームですが、クオリティ高すぎ!

いわゆるマリオブラザーズですが、Kanonのキャラなので最高ですよ^^

 

魔物ハンター舞

www.youtube.com

 

こちらも渡部製作所さん作成ですが、横スクロールのアクションです。

うーん、これもクオリティ高いですよ。

 

私も久しぶりにプレイしてみたくなってきました*^-^*

最後までお読みくださり、ありがとうございました。m(__)m